~時間と副業のコンサルタント~

KAIのブログ

ケーズデンキせどりを徹底解説。見るべきジャンルは!?値札は!?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

今回はケーズデンキせどりをするうえで、押さえておくべきポイントを、今からせどりを始める初心者の方が迷わないように解説していきます。

家電量販店せどりの中でも、難しいという声をよく見かける店舗です。しかし、ポイントさえ抑えることが出来ていれば、効率よく仕入れが出来る店舗なんです。実は私が家電量販店の中で、最も得意としている店舗がケーズデンキですので、そのノウハウを解説していきます。

 

ケーズデンキの特徴

ここからは店舗数や決算期、醍醐味である現金値引きなどについて解説していきますね。

 

店舗数はこんなにもあるんです

ケーズデンキは全国に500店舗あり、家電量販店の中ではヤマダ電機についで2番目に多いんです。

このように、関東周辺だけでも至る所にあるのがわかります。実際に10分圏内に2店舗あるなど、密集している地域もあるんです。

店舗が少ないと、たとえその店舗が得意になったとしても、近隣の店舗はすぐに行き尽くしてしまいますね。でも、これくらいの店舗数があると中距離遠征でまとめて数店舗に行けますし、他に得意なジャンルの店舗があるのならば、ついでに寄って仕入れすることも可能となります。私はケーズデンキの集まっている地域に遠征し、1日に4.5店舗回ることもよくあります。

 

決算期っていつ?

せどりをするうえで、決算期を気にせずにはいられませんよね。ケーズデンキは決算期が2度あります。総決算が3月中間決算が9月ですもちろん価格が安くなってることもありますが、それ以上に普段以上に値引きしてくれるケースが増えます。

家電は本などに比べると元の値段が高いので、値引き額が大きくなると利益も急激に伸びますね。是非、決算期を意識してリサーチに行ってみてください。

 

現金値引きが鉄則

ケーズデンキでは他の家電量販店とは違い、ポイントカードがありません。初め、ここはポイントカードないんですよと言われたときは驚きでした。ですが、これには理由があります。

“あんしんパスポート”というカードを提示すると、どの商品でも5%引きで購入することが出来るんです。20000円の商品であれば1000円も利益アップになりますので、このカードは必須ですね。

ちなみに値段交渉の際は、「10%引きでお願いできませんか」と聞くと、すんなりOKしてもらえるケースが多々ありますので、試してみてください。

 

リサーチするべきジャンルとは

ケーズデンキで利益が取れるジャンルは限られています。無駄なジャンルをリサーチしないように、これから解説していきます。

 

調理家電コーナー

ケーズデンキで1番アツい利益の取りやすいジャンルは調理家電のコーナーです。展示品が安いのはどこの店舗も共通して一緒なのですが、ケーズデンキは新品の型落ち品の値下げ率が異常です。

調理家電の中でも、ミキサークッキングメーカーはおすすめとなります。値段もそんなに高くないので、初心者の方も仕入れやすいのではないでしょうか。私の経験上ですが、炊飯器は利益が取れる商品はあまりありませんね。

実際に調理家電で利益が出た商品です。これも展示品ではなく新品で在庫がありましたので、在庫がある分仕入れました。

 

ワゴンはサラッとチェック

こんな感じで、カゴに入って床に置かれているケースがよく見られます。他にも水筒類がワゴンに入って処分品として置いてあることが多いです。ちなみに、このカゴの中からも1つ利益商品が見つかりましたよ。

ただ、基本的には家電と比べると利益が少ない物が多いです。なので、あまり時間をかけすぎずに、見かけない商品があればチェックしてみるようにしましょう。

 

資金に余裕があれば季節外の商品もリサーチ

こんな感じで季節外の商品は大幅に値下げされて売られているケースがあります。お店側も売り場を確保するために、季節外の商品は処分したいんです。積極的にリサーチすることで利益商品が見つかりますよ。

ただし、資金が少ない初心者は注意が必要です。基本的には次のシーズンが来るまでは売れにくいので回転は悪くなります。在庫を抱えてしまうことになるので、資金に余裕のある方のみが仕入れるべきかと思います。

 

注目してみるべき値札

お店の商品ををすべてリサーチしていては、相当な時間がかかってしまいますよね。なので、この値札だけを見れば十分!という特徴を詳しく解説していきます。

 

アルファベットに注目

値札の右下を見てみると、このようにアルファベットが2文字書かれています。ここに、「X」「Y」「W」のいずれかが含まれている場合は廃盤商品であることが分かります。よって利益が取りやすい商品です。

 

カラーに注目

 

 

緑の場合

先ほどのアルファベットの部分が緑になっております。これは廃盤商品の中でも確実に値下げされている商品であることが表されています。

 

赤の場合

この値札はアルファベットの部分が赤になっていますね。これは在庫数が非常に少ないということを表しています。ライバルがいないというケースもありますのでリサーチしましょう。

 

展示品のみの値札

安い!と思うと、この値札であることがよくあります。残りの在庫は展示品のみということですね。FBAの規約上、展示品は中古のほぼ新品での出品となります。ですが、回転の良い商品は新品よりわずかに安く出品すれば売れるケースがあるので、リサーチするべきです。購入する際は、付属品がそろっているかを注意しましょう。

 

効率化よく仕入れましょう

せどり初めてすぐの頃は特に、時間が足りなくてあっという間に帰る時間だ。ってなりますよね。なので、なので出来る限り効率よく仕入れをしましょう。特にケーズデンキは、効率よく回れる初心者におすすめのポイントがあるので解説していきますね。

 

在庫をかき集めるべし

新品商品は1つ利益商品を見つけると、縦積みをすることができますね。回転の良い商品に関しては徹底的に他店の在庫をかき集めましょう。しかし、在庫を教えてくれない店舗や、1.2店舗の在庫しか教えてくれない店舗もよくあります。その場合は、自分で適当な店舗に電話して、どこの店舗に在庫があるかを聞けばいいんです。

また、〇〇店ではいくらにしてくれましたと言うと、基本的には値段を合わせてくれます。近所のケーズデンキに在庫を集めたら取りに行くだけでいいので、とても効率よく仕入れすることが出来ます。他店からの送料もかからないので、是非試してみてくださいね。(ごく稀にですが小型店では送料がかかる店舗もあります)

ちなみにこの商品は10個以上かき集めて、1ヶ月ほどで売れました。

 

 

店内の配置は基本同じ

ケーズデンキってどこの店舗へ行っても、お店の作りが一緒なんです。エアコンコーナーとプリンターコーナーが両端で、真ん中が調理家電コーナーです。いくつもの店舗へ行きましたが、この並び以外のお店とは出会ったことがありません。

自分の得意コーナーがあれば探すことなく、すぐにリサーチし、余分なものをリサーチする手間も省けます。特に初心者のうちは、リサーチだけでも時間がかかってしまうので、効率化していくことは大切ですね。実際に私は見るコーナーが決まっているので、1店舗30分程で退店してしまいます。

 

まとめ

  • ケーズデンキせどりでは、あんしんパスポートが必須
  • 調理家電は必ずチェック
  • 注目すべき値札は赤と緑。アルファベットがX,Y,Wのもの
  • 回転の良い商品は在庫をかき集めましょう

ケーズデンキは見るポイントさえ押さえておくと、必ず利益商品に出会える店舗です。私はケーズデンキにハマってしまい、他の店舗には一切行かない期間もあったくらいです。他の家電量販店に比べるとまだまだライバルも少ないので、是非仕入れに行ってみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© KAIのブログ , 2019 All Rights Reserved.