~時間と副業のコンサルタント~

KAIのブログ

ノジマ電気せどりを徹底解説。狙うべきものとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。KAIです。

今回は、ノジマ電気せどりをするうえで注目するべきポイントや、値札の見方について解説していきます。

皆さんは、ノジマ電気の仕入れに関してどんなイメージをお持ちでしょうか。私は、他の家電量販店では仕入れられないジャンルが仕入れられる店舗ではないのかと感じています。どのジャンルを見るべきかなど、詳しくお伝えしますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

ノジマ電気の特徴

ここからは、ノジマ電気の店舗形態やせどり禁止?という声について解説していきます。

 

店舗立地の特徴

関東を中心として246店舗あり、基本的には路面店としてではなく、デパートなどの中に併設されている店舗がほとんどです。そのため、奥さんや家族と一緒にいる方がリサーチしているケースもよく見かけます。

イオンの中に併設されていることもよくありますので、ノジマからイオンへの流れは私の鉄板ルートになっています。効率よく回ることが出来ますよ。

 

決算期

決算期は家電量販店の基本である、総決算が3月、中間決算が9月となっております。ノジマの決算期の特徴は、乱雑に置かれたワゴンコーナーがさらに値引きされておりますので、利益商品が見つかりやすくなりますね。

 

せどり禁止?

ノジマ電気はせどらーに厳しいみたいです。という声をよく見かけますが、どうでしょうか。私は今まで何十店舗も仕入れに行き、他の店舗と変わらずにリサーチをしてきましたが、注意されたことは一度もありません。

激安の商品は、お一人様1点までと書かれていることがよくありますので、これが一応せどり対策とされているのかもしれません。せどらーに厳しいからといって仕入れリストから必要はないですね。むしろ、ライバルが減るので狙い目かもしれません。

 

リサーチすべきジャンル

冒頭でもお伝えしたように、ノジマ電気は他の家電量販店では利益の取りにくいジャンルを仕入れることが出来るんです。では、解説していきましょう。

 

デジタル小物類

イヤホンなどの小物類って、ヤマダ電機やビックカメラなど、他の家電量販店では利益が数百円しか取れないジャンルです。しかし、ノジマ電気の処分品をリサーチすることで1000円以上の利益商品が見つかります。ルーターに関しては、4.5000円利益で高回転な商品もありますので狙い目になりますよ。

私が仕入れた利益商品はこちらです。

  • 仕入れ1780円
  • 売値4790円
  • 粗利2096円
  • 利益率43.8%

これは在庫限りの値札で仕入れました。イヤホンは仕入れも安いですし、このような利益率も良い商品が必ず見つかりますよ。

 

ゲームソフト

ゲームソフトで利益が出せる家電量販店もあまりないと思います。例えばこの写真のように、大処分と書かれていたりキリの良い値段になっていたりするものがあります。そんなに山ほどあるわけではないので、全てリサーチしてもいいでしょう。ただし、ゲームソフトは出品制限がかかっているケースがありますので注意するようにしましょうね。

 

処分品ワゴン

ノジマ電気では、どこの店舗でも家電のコーナーには、このような処分品のワゴンが置いてあります。ちなみに、この写真に少しだけ写っているクレープメーカーも利益が取れましたよ。笑

基本的に、美容系のコーナーにもこのような処分品ワゴンがありますが、Amazonでは出品が出来ないので仕入れないように注意してください。

 

値札の攻略法

ノジマ電気の値札には、せどらーには非常に役立つ情報が隠されています。誰もが一目で分かりますのでお伝えします。

 

在庫数がまるわかり

値札の右下を見てみると赤い数字が書かれています。これがお店の現状の在庫数になります。在庫数が分かると、店頭には並んでいなくても店員さんに聞くと裏から出してくれるので、縦積みが簡単に出来ますね。


  • 仕入れ1080円
  • 売値2970円
  • 粗利1054円
  • 利益率35.5%

この商品は在庫数が3つとなっておりましたが、売り場には2つしかありませんでした。店員さんに確認してみると、他の売り場に展示されていたようで、持ってきてくれました。出品してすぐに3つ売れたので、一瞬で3000円以上の利益です。これもデジタル小物類ですね。

展示品限りの値札

家電量販店どの店舗でも言えることですが、展示品のみの商品は値段が一気に下がっているケースがよくあります。当然ですが、特に調理家電は衛生面を気にするものですから、出来る限り新品が良いですもんね。

また、1つ前の写真のように在庫限りの値札もリサーチしましょう。似た値札で、今週のお買い得と書いてあるものがありますが、利益が出るものはありませんのでスルーで大丈夫です。

 

商品直貼りの値札

商品に直接値札が貼ってある物もリサーチ対象です。展示品と書かれていますが、この写真のように箱に入っており未開封の場合は、新品での出品が出来ますので利益が取りやすくなります。他のセール品とは違い、店舗限定での処分価格であるケースがほとんどなので狙い目です。

 

まとめ

  • デパート内にあるケースが多いので効率化できる
  • 狙うべきジャンルは小物類とゲーム
  • 値札で在庫数を確認して縦積みしよう

いかがでしたでしょうか。仕入れるジャンルもそうですが、処分品の中に他では見ないような家電製品もあったりするので、個人的には好きな店舗です。はじめは、デパートの買い物ついでにリサーチしてみるのもいいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© KAIのブログ , 2019 All Rights Reserved.