~時間と副業のコンサルタント~

KAIのブログ

【せどりの販売先】複数作るべき?その理由を解説します。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。KAIです。

せどりの販売先といえば、Amazonやヤフオク、メルカリなど複数あり使用している販売先は皆それぞれでしょう。

しかし、大切なことは1つの販売先に執着するのではなく、メインとサブを使い分けるということです。

今回は、販売先を複数作るべき理由と私自身がどのサービスを利用しているか、さらに利用してみて感じるメリットを解説していこうと思います。

 

販売先を複数作るべき理由

早速、本題の販売先を複数作るべき理由ですが、大きな理由としては”その販売先が利用できなくなってしまったら収入がゼロになるから”です。では、販売先が利用できなくなってしまうケースをいくつかご紹介しましょう。

~販売先が停止してしまう例~

  • そのサービス自体が終了する
  • 規約違反によりアカウントが停止する
  • ライバル急増により、緩和してしまう

主にこのような理由が考えられます。この中でも、特にアカウントの停止は簡単に起こってしまうので注意をしなくてはなりません。もちろん、前もって○○日後に停止しますと警告をしてくれるサービスはありませんね。

販売先を複数確保しておくことでリスクが軽減され、収入がゼロになることは避けられます。ですので、販売先は最低でも2つ以上は作っておくべきでしょうね。

 

私が実際に使っている販売先

私はメインとサブとして販売先を2つ使用しています。

まず、メインの販売先はAmazonです。Amazonのメリットはこの後でも解説しますが、ユーザーの数が圧倒的に多いことが特徴としてあります。

Amazonをメインとして使用されているせどらーさんは非常に多いでしょう。お小遣い程度ではなく、しっかりと稼ぎたい方はAmazonをメインの販売先にすることをおすすめします。

そして、サブの販売先はメルカリです。スマホ1台ですぐに出品が可能なので、手軽さがメルカリの特徴ですね。特に主婦の方など、限られた少ない時間でお小遣い稼ぎをしたいという方は、メルカリをメインとして使用しているケースもありますね。

 

Amazonを販売先として使用するメリット

メインの販売先としてAmazonを使用しているとお伝えしました。ではここからは、実際に使用してみて感じるメリットをいくつかご紹介していこうと思います。

 

商品が売れやすい

Amazonのメリット1つ目は、圧倒的に商品が売れやすいという点です。同じ商品をメルカリと比較しても、Amazonの方が高値で売れていることが分かります。では、なぜ商品が売れやすいのでしょうか。

その理由をいくつかご紹介します。

~Amazonで商品が売れやすい理由~

  • 信頼性がある
  • 基本的に送料が無料
  • 決済方法がいくつもある

この3つが大きな理由となります。

特に”信頼性”に関しては、Amazonブランドを利用することで個人出品のメルカリなどよりも安心して購入できますからね。せどりにとって商品が売れることは最も大切なので、Amazonを販売先として使用する方が多いのでしょう。

 

仕入れミスが少ない

2つ目は、仕入れの際の仕入れミスが少ないという点です。こちらを可能にしてくれているのがモノレートですね。

~モノレートで分かること~

  • どれくらいのペースで売れているのか
  • その商品の適正価格はいくらか
  • 出品者は何人いるのか

このモノレートを正確に使いこなすだけで、仕入れのミスがなくなります。商品を検索するだけで、有益な情報が1度に分かる販売先はありませんね。

保管場所の必要がない

Amazonは自宅や事務所で商品を保管するのではなく、全国15ヶ所にある倉庫で自分の商品を保管してもらうことができます。

その商品が売れるまで保管するとなると、相当な場所を用意しなくてはなりません。副業の方や最初から保管場所を用意するのが難しい方でも、安易に始められますね。

 

配送の手間が省ける

Amazon以外の場合は、基本的に商品が売れたら自分で購入者へ配送しなくてはなりません。1ヶ月で数百個を自分で配送するのは厳しいですよね。しかし、Amazonの場合は先ほどお伝えした納品した倉庫から、商品が売れる度に自動で配送をしてくれます。

せどりでは、いかに無駄な作業時間を省いて仕入れ時間を増やすかが重要になりますので、売り上げアップに繋がりますよ。

 

配送料が安い

Amazonの送料とは、倉庫までの納品代と考えましょう。一般的に、メルカリなどで購入者へ商品を配送する場合は、最低でも1つ500円はかかります。しかし、Amazonでは1度にまとめて配送するので、安く送ることが可能となります。

大型商品でも300円ほど、標準の商品では100円程度で配送できるので、経費を大幅に削減することができますね。

 

メルカリを販売先として使用するメリット

メルカリはサブの配送先として使用しているとお伝えしました。では実際にメルカリを使用してみて感じるメリットをいくつかご紹介していきますね。

 

出品制限がない

最大の特徴は出品制限がないという点です。Amazonでは、出品制限の対象となっているジャンルがどんどん増えております。最近では、多くのせどらーが仕入れ対象としていた、調理家電の多くに出品制限がかけられましたね。

こちらの規制が始まってからは、メルカリで調理家電の出品が以前以上に目立つ様になりました。おそらく、Amazonで出品制限の対象となった商品をメルカリで販売しているのでしょう。

これから、Amazonはさらに出品制限を厳しくすることが考えられます。Amazonでは出品制限のかかっている商品を出品する際に、メルカリを利用しても良いですね。

 

スマホのみで簡単に出品可能

メルカリで商品を出品する際は、スマホのみで簡単に行うことができます。3分あれば出品が完了するでしょう。

初心者の方で、仕入れ以外の出品や梱包作業が苦痛でせどりを辞めてしまう方が多くいます。そんな初心者の悩みを解決してくれますね。

商品写真さえ撮影していれば、空いているスキマ時間に出品ができるので、効率アップにもなるのではないでしょうか。

 

入金が早い

他の販売先では、2週間に1度の振り込みなどですが、メルカリの場合は商品が売れたらすぐにその売り上げを受け取ることが可能です。

仕入れ資金が少ない方は、2週間に1度の入金では仕入れ資金が足りなくなってしまうケースもあるでしょう。メルカリの場合はすぐに手元に資金が戻ってくるので、仕入れに充てることが可能となりますよ。

 

月額登録料が不要

Amazonで出品するには、出店登録が必要なので毎月4,900円がかかります。対してメルカリの場合は、無料で出品ができるので、初心者の方も始めやすいでしょうね。

 

まとめ

  • 販売先は複数確保するべき
  • Amazonは効率化がポイント
  • メルカリは手軽さがポイント

いかがでしたでしょうか。今回は、販売先を複数作るべき!ということで、私が実際に販売先として使用しているAmazonとメルカリのポイントをお伝えしました。

特徴が似ているサービスではななく、今回のようにお互いにはない部分を補えるような販売先を複数確保することをおすすめします。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© KAIのブログ , 2019 All Rights Reserved.