~時間と副業のコンサルタント~

KAIのブログ

せどり開始1ヶ月目(月利7万円)にやった10のこと。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。KAIです。

先日、こんなツイートをしました。

その際に、反響が多くあったので、今回は私がせどりを開始して1ヶ月目に行ったこと10個を詳しく解説します。

実際に私が行ったことは、これ以上でもこれ以下でもなく、これから解説することのみで月利7万円を達成できたので、是非参考にして頂けたら嬉しいです。

では、解説していきましょう。

 

Amazon大口登録

Amazonへ出品するには、大口もしくは小口登録をしなくてはいけません。

  • 大口登録⇒月額4,900円
  • 小口登録⇒1商品販売につき100円

このように、登録料金が異なります。

はじめは小口で慣れてきたら大口に変更する方も多くいますが、私の場合は最初から大口登録にしました。

その理由は、月に50商品以上売る自信があったからです。月に50商品以上販売すると、大口登録の方がお得になります。

メルカリと併用して、月1.2万くらい稼げればいいやというのであれば小口で十分ですが、おそらくほとんどの方がもっと多く稼ぎたいと考えてせどりを初めるはずですので、大口登録をおすすめします。

 

プライスター契約

次は、プライスターの登録です。

プライスターとは?という方に向けて少しだけ解説しますね。

私が主に気に入って使用している機能はコチラです。

  • 商品登録がカンタンに出来る
  • 価格改定を自動で行ってくれる
  • サンクスメール機能により、評価を受けやすい
  • スマホからでも出品が可能

1度だけAmazonのセラーセントラルから納品を試みましたが、相当な時間がかかってしまうんですよ。

正直、それだけで挫折してせどりを辞めてしまうレベルです。

プライスターであれば、仕入れた時点でスマホから商品登録が出来ますので、効率よく納品することがこなうとなります。

その時間を仕入れに充てると利益も伸びやすいですからね。

月額4,800円かかりますが、それ以上のパフォーマンスがあるツールだなと感じますね。

 

コンサルを受ける

私の場合は、せどりを始めたタイミングででコンサルを受けましたので、独学でせどりを勉強することはありませんでした。

というのも、その独学で勉強している時間さえもったいないと思ってしまったんですよね。

それよりも、多少のお金を払ってでも稼いでいる方から教えて頂き、自分も早く稼ぎたいという考えが強くありました。

実際に講師の方との日程を調整している間に、数店舗回ったのですが、1つも仕入れられませんでした。ほとんどの店舗で全頭リサーチをし、ただ無駄な時間を過ごしました。

しかし、仕入れコンサルを受けた次の日から、どんどん仕入れができるようになったんですよね。

店舗でリサーチするポイントが明確になったので、効率よく仕入れができ、利益を伸ばすことが可能となりました。

 

いとう社長のブログを読みまくる

既にせどりをしていれば知らない方はいないであろう、いとう社長です。

せどりと出会ってから、この方のブログをひたすら読みました。

基本的に、どの店舗のノウハウもこのブログを見れば解決できたので、おそらく前記事読みましたね。

もし、独学で勉強して稼ぐんだ!という方がいたら、まずこのブログを網羅することですね。

 

ブックオフ仕入れを極める

私は、1ヶ月目はブックオフのみに仕入れに行きました。

仕入れが安いですし、利益率が高いので、初心者にはぴったりな店舗ですね。

他の店舗へは行かず、ブックオフを極められたことが、初月7万円の実績に繋がったのではと感じております。

現在になって感じるのですが、初心者のうちにあれこれ色んな店舗へ行ってしまうと、薄いノウハウしか身に付かないので成長のスピードが遅くなってしまいます。

ブックオフに限らず、どんな店舗でもいいのでまずは1店舗に絞って仕入れに行くといいですね。

近所により多くある店舗を選定すると効率よく仕入れに行けるのでおすすめですよ。

ブックオフせどりの攻略法はコチラをご覧ください。

↓↓↓

【ブックオフせどり】狙い目のジャンル・ポイントとは?仕入れのベストなタイミングも紹介。

 

中古のみを扱う

これは、ブックオフのみへ仕入れに行っていたので、上記と繋がりますね。

中古のメリットって、手間はかかりますが、新品よりもライバルが少ないです。

初心者のころは、出来る限りライバルの少ないジャンルで勝負するのが利口だと思っているので、まずは中古せどりから始めるといいのではないでしょうか。

 

週1回価格改定

価格改定って、人によって行うペースは様々でしょう。毎日チェック数する方もいれば、追モードに設定しておいて放置する方もいます。

僕の場合は、追従モードは設定せずに週1回価格改定を行っておりました。頻繁に行うに越したことはありませんが、その時間があるなら仕入れに充てたいと考えていたので、このペースになりました。

追従モードに設定すると楽なのですが、安くしなくても売れるのに、勝手に値下げされてしまって損するケースも経験したので、少し手間ですが自分で価格改定を行う方がおすすめです。

 

電車で仕入れ

せどりを始めて1ヶ月目の私は車を持っていなかったので、電車で仕入れを行っておりました。

当時は、それが普通だと感じていたので、レンタカーを借りるなんてことも考えませんでした。

ブックオフへ2店舗ほど仕入れに行くと、それだけで腕がパンパンになり、体力的にも相当厳しかったです。

店舗付近のコンビニから配送したり、コインロッカーを利用するという方法を駆使しながら、できる限り効率よく仕入れを行いました。

これからせどりを始める方で車を持っていない方には、レンタカーを利用することをおすすめします。

レンタカー代なんて、すぐに回収できますからね。

 

毎週納品

もちろんFBA倉庫に納品する際には、ヤマト便で配送しておりますよね??

ご存知の通り、ヤマト便は一度にだくさん送る程お得になるので、何箱も溜めてから出荷する方法もあるのですが、私の場合は1箱でも毎週末に納品を行っておりました。

その理由は、出来る限り資金を回したかったからですね。せどりの基本は、利益を資金に充ててどんどん資金を増やすことです。

ですので、効率は悪いですが早いペースで納品を行っておりました。

ちなみに、現在は資金に余裕があるので2週間ほど溜めるケースもありますね。

ヤマト便攻略法はコチラ

↓↓↓

【Amazon】FBA納品はヤマト便一択。実は集荷の時間指定ができます!

 

良い店舗のリストを作成

一度仕入れに行った店舗に関しては、店舗の特徴をエクセルにまとめていました。

リピートする店舗なのか、そうでないのかを明確にするためですね。

値付けが厳しい店舗に何度仕入れに行っても、基本的には利益が取れないので、時間の無駄になります。

○△×のみの評価でもいいのでまとめておくと、後々に仕入れマップを作成しやすくなりますよ。

初心者の方は、必ずやった方がいいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、僕が実際にせどり開始1ヶ月目に行ったことを詳しく解説しました。

これからせどりを始める方以外にも、現在せどりをしているが結果が出ずに悩んでいる方にも参考になるのではと感じます。

当てはまるものがあれば、是非参考にしてみて下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© KAIのブログ , 2020 All Rights Reserved.